<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
耳鳴り
今朝から耳鳴りがします。
お昼になって、「きょうは耳鳴りがする~」と言うと
主人も「オレもだよ。耳鳴りって言うか、耳がこもる感じがする」と。

「食べたものが悪かったかな~」
「気圧も関係しているかな~」などと話していたら
テレビの天気予報で「現在、気圧の谷が東北地方を通過中」と。

その後、耳鳴りのことをツイッターでつぶやいたら、諸先輩方からアドバイスをいただきました。
気圧も関係あるようだし、陰性症状でもあるとのこと。
で、夕べの晩ごはんに茄子をたくさん食べた…いえ、食べ過ぎた…ことに思い当たりました。
いくら旬のものとはいえ、食べすぎはやっぱりよくないな~と今更ですが反省。
お昼ごはんには玄米ご飯をおかわりしてしっかりといただきました。
夜もひきつづき気をつけたいと思います。

・・・・・

耳鳴りといえば、つい、10年前のことを思い出してしまいます。

次女を出産してしばらくしてから、しばしばひどい耳鳴りに悩まされたのです。
いちど耳鳴りになると、3日~一週間くらい続くものでした。
初めのうちは症状が軽いのですが、2日目、3日目になるにつれて頭の中で響く音がだんだん大きくなっていきます。
これは精神的にかなりの重圧でした。
いったん治っても、すぐまたいつ再発するかと嫌な気持ちばかりしていました。
もっとひどくなっていたら、ノイローゼにでもなっていたかも…。

次女を出産したばかりだったのと、ネットなどで調べても原因不明ということだったので病院には行きませんでした。
今思うと、たぶん、ストレスが主な原因だったのでは、と思います。
主人の仕事が忙しく、平日は家に居る時間がほとんどなくて
お互いの実家にも頼れず、母ひとりでの子育て状態。
長女はもう少しで2歳という年頃で、やはりそれなりに手がかかりました。
妹が生まれたことがなかなか認められなかったようで、次女が泣き始めたのをだっこしようとすると
「だめ~~~~~!!!」とわたしの胸を占領しようとしたり、
授乳していると「つかつか」という歩調で歩いてきて
いきなり次女のほっぺをビンタしたり(苦笑)…。

いまだったら、「きっとああすればよかったのだろう」「こうすればよかったのに」と分かるのですが、当時はほんとうに必死でした。
病院の都合で出産から退院までの日数が通常よりもかなり短かったこと
自宅に戻ったのが早く、産後の体を適切なだけ休ませられなかったこともあると思います。

ときどき、「4人も子育てしていると大変じゃない?」 と聞かれたりするのですが
「2人目が生まれたときが一番大変だったけれど、そのあとはそれほどでもないの」と答えています。
だから、「2人目の赤ちゃんが生まれる・生まれた」という友達がいると、とても気になります。
町でそれらしきお母さんを見かけても、「いまは大変かも知れないけれど大丈夫だよ」とつい、心の中で話しかけてしまいます。

耳鳴りは、主人のUターンに伴って秋田に越してきたら
いつの間にか気にならなくなっていました。

大変な思いをしたけれど、あれもまた自分に必要な体験だったのかな、と今では思っています。
[PR]
by tumughi | 2010-07-30 15:24
すっきり
下記の記事について…
先輩からもアドバイスをいただき、
自分でも、これからどうしようかなと考えていたのですが、
今朝、たまたま主人が持ち帰った冊子を読んでいて
胸につかえていたものがすーーーっと取れました。

早速アドバンスコースに加入しました。
いや~、すっきりして気持ちいいです♪

エキサイトブログさん、
当ブログにお越しくださる皆さま、
いつもありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by tumughi | 2010-07-29 11:15
つぶやき
気にしないようにはしていたけれど…
やっぱり気になる。
フッターに自動的に入ってくるこの(↓↓↓)広告!

これまで広告が載らないということが魅力のひとつだったエキサイト。
アドバンスに加入する意味もいまのところ特にないと思うし…。

お引越ししようかな~…と思案中です。
[PR]
by tumughi | 2010-07-25 15:52
暮らしの選択
夏休み2日目。
長期休みの始まりに恒例の、子ども達の勉強机の整理整頓をしました。
さすがに6年生の長女に関しては口を出しませんが、次女と三女、2人分に付き合うのは結構タイヘンです。

毎度のことだけれど、出てくる、出てくる、いろ~んなガラクタが!

この『ガラクタ』、じつは月刊の少女マンガ雑誌の付録がほとんど。
いまの雑誌の付録は、わたしが子どもの頃の付録と違って、缶製品やプラスチック製品でできているものが多いのです。
なかなか捨てられない気持ちは分かるけれど、かといって実際に使えるものかというとそうでもない。

「まずは必要なものとそうでないものに分けてね」と言って子どもと仕分けしますが、だいたいがゴミ袋行き。
子どもの頃から、こんなにオマケがあふれているっていうのは何だかな~と思います。

・・・・・

わたし自身も
「何を・どこで・誰から・どんな値で買うか」
ということの大切さを師から学んでいます。

ごく最近になって、やっとそのことの意味が腑に落ちるようになってきました。
そして実際に、良い氣の感じられるお店で買い物をするという体験もありました。

買い物でも、日々の暮らし方でも選びようはいくらでもあります。
しばらく前から、「ゆる~く生きる」のがカッコいいみたいな風潮もありますが
わたしはいつだって今を真剣に生きていきたいと、あらためて思います。
それが明日のわたしに繋がっていくから。


師の思いのこもった俎板を受け取った日に。
[PR]
by tumughi | 2010-07-24 22:02
夏休み
夏休みに突入する明日を前に、
長女の学年では今日、着衣水泳の授業をするそうです。
長袖・長ズボン・長靴を履いて。
暑い日になって良かった。

・・・・・

明日から夏休み…と言っても、
長女・次女・三女の3人は殆ど毎日バスケの練習。
暑くて練習はキツくなると思うけれど、
頑張った分だけきっといいことがある。

本氣で頑張って欲しいと願う母です。

でも、子ども達が休みになると、母親業はいちだんと忙しくなるのよね…^^;

・・・・・

先日の海の日にいった海。
f0214652_13205584.jpg

家から車で15分ほどの、こじんまりとした海水浴場。
ちょっと風が強すぎて、海水浴にはあまり適さない日でした。

写真の撮り方(ウデ)にも問題があるんでしょうが、
こちらは空の色のトーンが全体的に薄い感じがします。
雲もぼや~んとしてくっきりとした輪郭の出ることが少ないのが、ちと寂しい。
[PR]
by tumughi | 2010-07-22 13:27
ワタシノキモチ
連休が明けました。

予想していた通り、最近保育園に通い始めた四女は登園しぶりの朝でした。
「保育園やだ。…保育園やだよ。…お母さんがいい…」

この、「お母さんがいい」のひと言があるので、
わたしは落ち着いて諭すことができます。
「保育園でお友達といっぱい遊んでね。お昼寝しておやつを食べたら、お母さん、ちゃんとお迎えに行くからね」

そう話すと、ちょっぴり泣きながらも四女は「うん、うん」と頷いて身支度を始めるのです。

末っ子ならではと言うのか、この子は自分の気持ちを素直に表わしてくれるので母親としては付き合いやすいです。
上の三人は自分の気持ちを表わすのがヘタ。
かくいうわたしもそうなんですけど~^^;

長女は結構我慢してしまうタイプ。
我慢強さもあるのであまり心配はしていませんが、心に何か心配事などあるとふとした態度に表れます。
そんな時はさりげなく助け舟を出します。
ま、ただただ話を聞くというのが殆どですけど。
でも、最近は外でも自分の思いを周りに出せるようになってきたようです。
ちなみに、登園しぶりは一度もありませんでした。

次女は自分の中に抱え込んでしまうタイプ。
それでもって、言葉つきや態度がとげとげしくなってくるので要注意。
下手をすると、カチンときてこちらもとげとげしくなってしまうので~~~(滝汗)!
この子はまるまる2年近く、毎日のように登園を嫌がった手ごわいヤツです(苦笑)。

三女はいろいろ頑張ってしまう分、毎日のように毒を吐いてます(またまた苦笑)。
こちらの言葉で「あくたれる」というんですけど、泣き喚いたり悪態をついたり…。
でもって、あくたれた後はケロッとしてます。あくたれられるほうは堪ったもんではないのですが…。
本当は思いっきりわたしに甘えたいのです。四女に負けないほど。
だから、四女が生まれてから登園しぶりをしました。

…な~んて書いてきたら、自分の内面をさらけ出しているようでちょっと恥ずかしくなってきました(*^-^*)。
でも、四人子どもがいると、忙しいというのはあるけれど、楽しみは四倍。
いや、相乗効果でそれ以上、かな。

四人目を妊娠中のママ友も2人いるので、仲間が増えたようで、これまた嬉しいです~♪
[PR]
by tumughi | 2010-07-20 11:36
晴れ間
6月の末の梅雨の晴れ間。
洗濯物を干そうとデッキに出たら…

f0214652_938560.jpg

小さな(親指の先ほどの)訪問者。
f0214652_9382134.jpg

こんにちは。
雨を待っていたのかな。
f0214652_9383032.jpg

[PR]
by tumughi | 2010-07-19 09:42
桂剥きの日々
むそう塾の6~7月の課題、「桂剥き」が終わりました。
(熱いレポートは中川さんのブログ、カテゴリ「桂剥き道」からどうぞ!)

桂剥きの日々は不器用な自分と向き合う日々でした。

まず、自分は同時にあれもこれもこなすことができないということが
よく分かりました。

そして、感じたことを言葉にして表わすのもヘタ。
心の中に思いが湧き上がってくるものの、文章にしようとした途端、
手からコトバがぽろぽろとこぼれていってしまうような感じです。
(こうやって、ブログを更新するのにもひどく時間がかかるのです~ ><)

投稿期間中、上の3人の娘達のバスケの大会があったり
急に決まった四女の入園準備があったりでバタバタしていました。
特に四女は、大根ばっかり剥いている母親に痺れを切らし駄々っ子になってしまい(まるで大根にヤキモチを焼くように赤ちゃん返りをしていたような)、かなり手を焼きました。

このままではダメだ、と気持ちを切り替えて
練習はできる範囲で続けたものの投稿はちょっとお休み。
子どもにしっかりと向き合って落ち着いてから、と腹をくくりました。

でも、中川さんが毎日真剣に指導して下さっているのが分かりましたので
投稿できないことがとても心苦しくもありました。

四女が起きている間は大根にもPCや携帯にも触らないようにし、
うまくお昼寝してくれたら、とにかく桂剥き。
おちびが居るから大変だな~なんて思わないわけでもありませんでしたが、
終日お仕事をしながら投稿している塾生の方もたくさん。
わたしはわたしでやれるだけのことを頑張ろうと思いました。

焦っても仕方がない。
いまはやるべきことをひとつずつ、全力でやろうと決めました。
(途中から、指導記事にも一切コメントせず、無愛想なヤツになってましたけど…。ごめんなさい。)

今の自分のありのままを認め、受け容れる。
そういう確認作業をしているようでもあった桂剥き投稿でした。

もっともっと、いろいろな思いがあるのですけれど、
きょうのところはここまで。
またまた言葉がポロポロとこぼれてしまっていくので…(苦笑)。
[PR]
by tumughi | 2010-07-19 06:14
ご無沙汰しておりました
前回の更新からひと月余り経ってしまいました。

毎月一回通っている むそう塾 の課題(桂剥き投稿)に取り組むため、毎日 奮闘(笑)していました。
PCにゆっくり向かう時間が取れず、書きたいことがあったもののブログの更新はお休みしていました。

相変わらずスローペースではあると思いますが、自分なりに感じたことなど綴っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします♪
[PR]
by tumughi | 2010-07-18 16:14



こころの糸をきちんと引き出して、      紡いでいこう。
by tumughi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
1/2成人
at 2012-03-07 14:52
ひとまわり
at 2012-02-09 20:00
立春
at 2012-02-04 21:34
懐かしい声
at 2011-10-22 15:20
16周年
at 2011-09-22 15:02
お気に入りブログ
Favorite Days
Animal Skin ...
azukki的.
松浦珈琲 matsuur...
...
ちょっと陽性ですが・・♪
こ ぞ う 史
ふうわり、やわらか
麗可のえがお
MAI LIFE
マクロビオティック料理教...
外部リンク
タグ
(67)
(38)
(27)
(21)
(15)
(14)
(10)
(5)
(5)
(3)
(2)
(2)
以前の記事
2012年 03月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
more...
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧