<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
おかえり
月に一度、夜行列車の往復で京都のむそう塾「幸せコース」に通っています。

行きは子ども達を寝かしつけてから出発し、
帰りはその翌々日の早朝、子ども達が起きるころに帰宅します。

今回は主人の出張と見事に重なってしまったことに加え、
末娘がおたふく風邪にかかってしまってしまい
母屋のお義母さんに迷惑をかけてしまうなぁと少々氣がかりでした。

それでも、すでに覚悟を決めていたこともあり、不思議なくらい不安はありませんでした。

そして実際のところ、末娘のおたふく風邪も軽く済んでいたそうです。

熱、ナシ。
食欲、大アリ(笑)。
元氣いっぱい遊んで、いい子にしていたよ、と。
「おかあさん、おかあさん」と全く言わないものだから、
「お母さんは?」と訊いたら、ちゃんと「『きょーと』 に行ってるんだよ」と答えたとか。

今回は京都行きの前に、カレンダーを見ながら
「あと〇〇こ寝たら、おかあさん、京都にお料理のお勉強に行って来るからね。
でも、終わったら、ちゃんと戻ってくるからね。」
「おばあちゃんとババとお姉ちゃん達がいるから大丈夫だよね。」
と特に念を入れて何度も話し、
そのたびに末娘も分かったという様子で「うん」「うん」と頷いて聞いてくれていました。

出発当日、お持ち帰り用の密閉容器を準備していたら
「これ、『きょーと』 に持って行くの?」と四女。
あ、ちゃんと分かってくれているんだ、と嬉しくなりました。

* * * * *

夜行で戻り家に着くと、車のエンジンの音を聞きつけて子ども達が玄関で待ち構えています。
「ただいま~♪」と言うが早いか、「お母さん、おかえり~~~❤❤❤」 と子ども達。
この言葉を聞いただけで、長旅の疲れも一氣にどこかへ飛んでいってしまうのです。


折りしも、今回の美風さんの座学は「ありきたりが教えてくれるもの」がテーマでした。
 
 「おはよう」「おやすみ」
 「行ってきます」「行ってらっしゃい。氣をつけてね」
 「ただいま」「おかえり」
 「ありがとう」
 「ごめんなさい」

そんな短い言葉のやりとりの中には
日々の積み重ねがいっぱい詰まっているのだと
子ども達の「おかえり」を聞いて、改めて感じました。

ありきたりだけど、ありきたりじゃない。
わたしはそんなものにいっぱい囲まれているんだな。
とても嬉しくて幸せだな~と。


さぁ、きょうも心を込めてお料理をつくろう。

家族の

 「いただきます」
 「おいしいね」
 「ごちそうさまでした」

が聞けるよう。
[PR]
by tumughi | 2010-11-22 13:04
おわりとはじまり
県大会の予選を兼ねた、ミニバスの市交歓大会が終わりました。
結果は3位止まりで県大会へ進出することはできませんでした。

優勝候補と目されていた相手と対戦して負けたとき、長女は悔し涙が止まりませんでした。
あんなに泣いているのを見たのは親のわたしでも初めてかも。
いまのチームメイトと、もっとバスケを続けたかったのだと思います。

けれど、負けたらそこでおしまい。
試合をしたくても、もうできないのです。

*****

先々週だったでしょうか、練習がおわってから「風邪ひいたみたい」と長女。
午前中からちょっと具合が悪かったらしいのですが、学校も練習も頑張ってやったらしい。
帰宅してから熱も上がりはじめたけれど、「練習を休んだらみんなに迷惑がかかるから」と
「明日までに治す」と言って早々に寝ました。
その言葉どおり、ちゃんと治して次の日には登校し、練習も休まずに続けてきました。

もともと頑張り屋さんなほうではあると思うけれど、
以前だったら、体調が優れない時点で心が負けていたかも知れません。
この一年くらいで、だいぶ芯が太くなったなぁと感じます。
(時を同じくして、親として食べさせるものも本人の食べっぷりもだいぶ変わりました。)


大会後の反省会では「試合に負けたのはとても悔しかったけれど、悔いはない。いい思い出になった」と発表した長女。
部活に限らず、これからも悔いのないように一瞬一瞬を大切に積み重ねていってほしいと改めて思いました。


「おわり」はつぎのステップの「はじまり」でもあります。

来月早々に球納めで6年生を送り出し、新体制でのスタートを切ります。
親の会でやるべき仕事がいっきに押し寄せてきたうえ、今後の部員の確保も厳しい等、問題も山積みですが、わたしもステップアップしていかなければと思っています。
[PR]
by tumughi | 2010-11-15 11:30
ふっくら炊きたい

f0214652_2024526.jpg























米1000(大潟村産あきたこまち)
水1100
浸水90分


きのうの玄米ごはん。
思うところがあって、いつもより水を減らして炊いてみた。
主人は水分を減らしたことに氣がつかず、おいしいと言って食べてくれた。
うまく炊けた♪…かな? (←まだ自信を持って言えないところが…^^;)
[PR]
by tumughi | 2010-11-09 10:20
「じかんが逃げちゃう!」
このところ、なんだかとっても忙しい。
次から次へとやることがどんどん出てくる。

いちばん忙しいのは、このあとの、夜の時間帯。
スポ少の終わった子ども達とごはんを食べて片づけをして、
お風呂に入れて・入って、
洗濯物を洗って・干して
おちびに本を読んで寝かしつけて
翌日の準備をして…

自分なりに工夫はしているけれど
時間に追われてばかり…。

そういえば、長女が3歳のころだったか
なにかで急いでいたときに
「おかあさん、はやく、はやく! じかんが逃げてくよ~!」と言ったのにはビックリした。

  あんまり「はやく、はやく」と言わないようにしていたのに。
  「じかん」ってどういうことか分かってるのかな。
  でも、「じかんが逃げていく」ってなんだかとってもうまい言い方だなぁ…と。


いまのわたしはまさに、そんな感じ。
すべてが後手へ後手へ回ってる。
よく「時間に追われる」って言うけれど、完全に「時間に逃げられ」ちゃってるよな~。
はやく追いつかなくっちゃ!

とりあえず、行事で忙しいのは今週いっぱい。

ここ数日、ちょっと夜更かしもして仕事を片付けたから
あと数日で落ち着きそう…と目処も立った。

さ、先手を取って参りましょう!
[PR]
by tumughi | 2010-11-08 16:33
子育て応援米
市から子育て世帯に支給される 『子育て応援米』 が一昨日届きました。

我が家は子どもが3人以上の世帯なので30kg。
(子どもが1~2人の世帯は10kg)

昨年から始まったこの制度のねらいは二つあって、
ひとつは子育て世帯の経済的負担を減らすため。
もうひとつは、地産地消を推進するため。

子育て世帯向けと言うことで、お米は減農薬米とのこと。
今年はお米の生育状況があまりよくなかったこともあり、
届くまではあまり期待していなかったのですが
見るからに質の良さそうな、「丁寧に作られた」という感じの、
おいしそうなお米だったのでビックリしました。

炊いてみたらやっぱりおいしい。
子ども達もこのおいしさが分かるらしく、いつもより売れ行きがよくて足りないくらいでした。

これまで、お米は母屋のほうで1年分をまとめて買っていて
我が家はそれを分けてもらっていたのですが、そのお米はお隣の市で作っているもの。

今回のお米は市内、しかも自宅の近くの地域で作っているもの。
このお米の田圃に張られる水と、お米を炊くときの水の水源は同じ。
毎日お料理に使う水も、お茶を淹れる水も、お風呂に使う水も…。

「水が合う」ってそういうことか…と改めて実感させてくれたお米。
我が家に合うお米(無農薬)もやっと見つけられそう。

『子育て応援米』、最後までありがたくいただきたいと思います。
[PR]
by tumughi | 2010-11-08 14:43
試しに

f0214652_1242145.jpg























昨日炊いた玄米ごはん。
いままでとは違うカメラで撮ってみました。

設定の仕方などが今までの機種と異なるため、まだまだ不慣れだけど
これからもっと仲良くなりたいな♪

*****

米1000(平成22年度産 大潟村産あきたこまち)
水1200 
浸水90分

陽をしっかり身体に入れたくて、いつもよりおこげを多めに炊き上げました。
(主人はちょっぴり不満げでしたが~。ゴメン^^;)
[PR]
by tumughi | 2010-11-05 13:31
覚悟
新しい月になり、早くも今月の幸せコースの内容が楽しみです♪

ですが、先月に引き続き、今月も主人の出張と重なってしまいました。
しかも今回はわたしが居ない二晩目も…。

以前も記事に書きましたが、上の子達についてはまったく心配ないけれど、3歳の四女は不安な気持ちが強くなり、わたしが京都に行っている間から始まって家に戻ってもしばらくは夜泣きが続いたり、いつでもどこでもわたしに引っ付いて離れなかったり…。


寝台のチケットは既に取ってしまったけれど、どうしよう。
キャンセルして四女を横浜の実家に連れていって、向こうから通うことにしようか…。

いろいろと考えました。

けれども、子ども達が(今回は次女が率先して) 
「私たちがちゃんと面倒見るから大丈夫! お母さん、●●ちゃん置いて行ってきて」と言ってくれたこと。

お義母さんが
「(出張と重なったのは)仕方のないことだから、そのまま行っておいで」
と言ってくれたこと。

そして自分自身、改めて子どもとの関り方を見直そうと考えたこと。

以上のことから、今回はお義母さんにいつも以上に頭を下げよう、子ども達にできる限りの氣をかけよう、そしてひとりで行くことにしようと決めました。

わたしの心のありようがきっと子どもに伝わると思うので、頑張ろう。
きっと結果が如実に表れると思うので、ちょっと (いや、ものすごぉく) 怖いけど…(笑)。
[PR]
by tumughi | 2010-11-04 11:28



こころの糸をきちんと引き出して、      紡いでいこう。
by tumughi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
1/2成人
at 2012-03-07 14:52
ひとまわり
at 2012-02-09 20:00
立春
at 2012-02-04 21:34
懐かしい声
at 2011-10-22 15:20
16周年
at 2011-09-22 15:02
お気に入りブログ
Favorite Days
Animal Skin ...
azukki的.
松浦珈琲 matsuur...
...
ちょっと陽性ですが・・♪
こ ぞ う 史
ふうわり、やわらか
麗可のえがお
MAI LIFE
マクロビオティック料理教...
外部リンク
タグ
(67)
(38)
(27)
(21)
(15)
(14)
(10)
(5)
(5)
(3)
(2)
(2)
以前の記事
2012年 03月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
more...
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧