タグ:むそう塾 ( 38 ) タグの人気記事
econtrol初炊飯
予約注文していたシラルガンの新しい圧力鍋 "econtrol" が先週届きました。
その "econtrol" で初めて炊いたごはんです。
じつは1分ほど早く圧が落ちてしまったのですが…。
f0214652_1629135.jpg


ご飯を炊いた日は主人が不在だったのですが
翌日、私が出かけている間に食べていました。
お茶碗に山盛り3杯分くらいは優にあったと思うのですが
帰ってきてみてジャーがすっからかんになっていたのでビックリ!
「美味しくて食べ過ぎた」とのことでした。

わたし自身が食べてみた感想は
「やわらかくてみずみずしい炊きあがり」
「皮感がより氣にならない」
「咀嚼して飲み込んだあとの甘みの余韻がより長く残る」
です。

火を弱めるタイミングと蒸らしがまだちょっぴり分かりづらいのですが
このお鍋と仲良くなって、もっともっと美味しいふうわりごはんを炊けるようになりたいと思います。
[PR]
by tumughi | 2011-09-14 16:43
「ただいま」の場所
むそう塾、幸せコースを卒業してからちょうど四ヶ月。
ずっと再受講したかった愛クラスに参加してきました。

新たに発売されるecontrol での炊飯デモがある最初のクラス。
わくわくしながら参加させていただきました。

ひさびさにいただいた中川さんの玄米ごはんは美味しくて、優しくて、
心がほどけていくのを感じました。
福zenのおばんざいも、復習のために確認したかったものやブログで拝見して頂いてみたかったものばかりで、しっかり味わおうと、舌と頭はフル稼働しつつ黙々と食べていました。

*****

昨年1年間幸せコースに通って、子ども達は私が家を空けても大丈夫になっていたのが、京都に行くことを話して聞かせると四女だけは
「いや。行かないで」「行っちゃだめ」「寝るときお母さんとがいい」
等々、なかなか受け入れてくれませんでした。

いよいよ当日になって、三女がうまく説得してくれて
「お留守番してる」と昼間のうちは言っていたのが、
いざ出かける時間になると
「行かないで〜」「お母さんと寝たいよう」と泣き叫ぶ始末。
主人に抱っこされながらぼろぼろ涙を流していました。

帰ってきてその後の様子を聞くと
その晩は泣きつかれて寝てしまい、翌日はけろっとしていたとのこと。
まぁ、予想通りの展開でした(笑)。
帰宅すると「お母さ〜ん♡」と抱きついてくるでもなく、ちょっと照れた様子で出迎えてくれました。



今回の京都行きの間、

食器の片付けを子ども達が協力してやってくれたこと、
長女は部活の練習試合の日に、朝、自分でおむすびを作って持っていったこと、
三女は今朝、ご飯を炊いて(白米を炊飯器で、ですが)、お味噌汁を作って待っていてくれたこと、
洗濯物は、帰宅してから洗濯機を回して干そうと思っていたので特に頼まないでいたのに、主人が洗濯して干してくれていたこと、

そんなところに、昨年一年間の積み重ねを感じたりもしました。
家族には改めて感謝の気持ちでいっぱいです。


*****


京都への往復で無事に家に帰り着いた時に言う「ただいま」が好きでした。
でも、今回はむそう塾の扉を開けるとき、心の中で「ただいま」を言っていた気がします。
どちらもわたしにとっては「ただいま」の場所なのだなと思いました。


*****


中川さんからいただいてきた玄米ごはんを食べた主人。
「やっぱり美味いな〜」と唸っていました。
特にシラルガンの新しい圧力鍋、econtrolで炊いたご飯は
「水分を増やして炊いたみたいに感じる」と、その違いに驚いた様子でした。

今日、玄米ごはんを炊いてみたのですが、
「うん。美味しく炊けてる。美味しいよ。…だけど、あの中川さんのごはん食べちゃうとな〜」と
主人は正直な感想を述べてくれました。
中川さんのごはんの美味しさを考えると当然の感想。
けれども、そのほかに、今日の自分の炊き方に「きっと、あのせいだな」と思い当たるところがあるので、また明日以降にその点に気をつけて炊いてみたいと思います。

R投稿は添削形式自体が変わったこともあってちょっぴり緊張するけれど
3回のチャンスを思う存分楽しんで取り組みたいです♪
[PR]
by tumughi | 2011-08-29 23:27
推進力
甲状腺に異常があることを自覚してから(実際には、同じ病歴を持つ親戚から指摘を受けてから)、通院を始めて1年と10ヶ月になります。
はじめに一通り検査をしたあと、「投薬による治療をします」と告げられました。
「治療には時間がかかる場合があるけれど、途中で薬をやめたりしないように」とも言われました。

それ以来、月に一度の血液検査を受け、その都度処方された薬を飲んできました。
投薬治療を始めてから9ヶ月後にむそう塾・愛クラスに参加して、中川式玄米ごはんの炊き方を習いました。
玄米投稿にて指導していただき、「パスポート品質の玄米ごはんをしっかり食べれば体調が変わってくるはず」と言っていただきました。
パスポートを頂いてから3ヶ月ほどして幸せコースがスタート。
その幸せコースの授業も残すところ2回となりました。

つづきを読む                                            
[PR]
by tumughi | 2011-03-07 05:48
1周年
むそう塾 第31回愛クラス
あの日から一年が経ちました。

中川さんの玄米ごはん、福zenを初めていただき、
その温かくてやさしいお味に身も心もほぐれました。
そして、自分の家族にもこんなごはんを食べてもらいたいと思いました。

あれから一年。
あっという間でしたが、いろいろなことに氣づく機会をいただき
これまでの中でもかなり密度の濃い一年だったと感じます。

*****

きのうの晩ご飯のとき、夕方に炊きあがった玄米ご飯を食べた主人が言いました。

「このごろ、炊き方がすっかり安定したよね」

嬉しい言葉ではあるけれど、もちろん、それで満足してはいけないと思っています。
つねに自己ベストを更新していけるよう、これからも日々、努力を積み重ねていきたいと思います。
[PR]
by tumughi | 2011-01-25 14:38
氣の流れに乗ること
ついに…やっと! 参加できました。
むそう塾単発講座・『モバイル味噌汁と圧力鍋料理の会』。

会の内容が素晴らしかったのは、すでに中川さんのブログへの塾生の方々のコメントやツイッター上でのつぶやきで周知のことと思いますので、ここでは参加するにあたって氣づいたことを書こうと思います。


冒頭に「ついに…やっと!」と書いたのには理由があります。
本来は昨年末の講座に申し込みしていたのですが、悪天候のためいつも利用している夜行列車に加え、頼みの綱の新幹線まで運休となってしまったからです。

天候不順とはいえ、かなり落ち込みました。
わたしの日頃の行いが悪いのだろうかとあれこれ振り返りました。

それでも、美風さん、中川さんのご厚意で翌月の会に振り替えていただくことになり、むそう塾の仲間も応援メッセージを下さり、また、主人も吹雪の中をチケットの振替に行ってくれたりと、皆さんには感謝しかありませんでした。

それからは、天気の週間予報を見ては、「ちゃんと行けますように」と毎日を祈るような気持ちで過ごしました。

*****

出発当日、朝のニュースの天気予報を見て、しばし愕然。
「東北の日本海側〜北陸方面は大雪が見込まれるため、交通機関の障害には十分お気をつけください」と…。
JRの運行状況を問い合わせてみると、運休や遅延の案内は特にナシ。
けれども、そこで「どうしよう?」といつまでも悩んでる暇はありませんでした。
つぎの瞬間には「夜行列車が運休にならなくても、昼間のうちに新幹線で実家まで行こう」と決めていました。
すぐに実家に電話を入れて、行ってもよいかどうか確認。
その日の午後から翌日のお昼ごろまで主人が家を空けることになっていたので、四女も一緒に連れて行くことに。
長女はバスケの大会・次女と三女は練習へ行っていたので帰ってきてからのことを母屋のお義母さんにお願いし、
自分と四女の荷物を大急ぎでまとめてすぐに家を出ました。

駅につくと、ちょうどすぐに乗れる新幹線があり、夜行列車のチケットを払い戻ししてもらって乗り込み、やっとひと心地つきました(この時点で運休になるかどうかは決まっていなかったので、本来ならそれなりのキャンセル料が発生するところでしたが、担当してくれた窓口の方は何も言わずに全額払い戻ししてくれました。)

そのあとの乗り換えもスムーズに、スムーズに進んで無事に実家に到着。
四女も長旅ながらずっと、よい子(笑)にしていてくれました。

*****

実家に向かう新幹線の中で『氣の流れに乗る』ってこういうことなのかな、とふと思いました。

むそう塾の愛クラスに参加し、パスポートを取得してから『氣の流れに乗る』ということをたびたび耳にしていたのですが、
いままでは、「マクロビオティックを実践していれば、天候に恵まれる・交通機関の事故に遭わない等、自分の周りの流れが自然にととのってくる」のだとしか思っていませんでした。
けれども、今回感じたのは「マクロビオティックを実践しているからこそ、自分がどんな流れに乗るべきか瞬時に判断でき、その通りにスッと動くことができる」ということなのではないか、でした。

旅程変更を決めたことは自分でもビックリするくらい早かったし、
家を出るまでの行動も速かった。
たとえば甘いもの食べてたら、こんな風にパッパッと動けなかっただろうな、と実感として思いました。

結果的には、わたしが乗るはずだった夜行列車は運休せず、途中30分以上の遅れがありながらも関西方面へは大きな遅れがなく到着したようでした。
けれども、夜行が出るかどうか丸一日をやきもきしながら、また車中で遅れを氣にしながら過ごすのは嫌でしたし、いろいろなことがスムーズに行ったのはやはり意味があったと思います。

まだまだ『氣』については氣づいていない・分かっていないことだらけだと思いますが、このさきがますます楽しみになりました。
いろいろ感じて、体験してみたいと思います。

そしてまた、今回のことでは、周りの方々に支えられていることを改めて実感。
感謝の氣持ちをつねに忘れないようにしたいと思います。

ありがとうございます。
[PR]
by tumughi | 2011-01-14 10:22
おかえり
月に一度、夜行列車の往復で京都のむそう塾「幸せコース」に通っています。

行きは子ども達を寝かしつけてから出発し、
帰りはその翌々日の早朝、子ども達が起きるころに帰宅します。

今回は主人の出張と見事に重なってしまったことに加え、
末娘がおたふく風邪にかかってしまってしまい
母屋のお義母さんに迷惑をかけてしまうなぁと少々氣がかりでした。

それでも、すでに覚悟を決めていたこともあり、不思議なくらい不安はありませんでした。

そして実際のところ、末娘のおたふく風邪も軽く済んでいたそうです。

熱、ナシ。
食欲、大アリ(笑)。
元氣いっぱい遊んで、いい子にしていたよ、と。
「おかあさん、おかあさん」と全く言わないものだから、
「お母さんは?」と訊いたら、ちゃんと「『きょーと』 に行ってるんだよ」と答えたとか。

今回は京都行きの前に、カレンダーを見ながら
「あと〇〇こ寝たら、おかあさん、京都にお料理のお勉強に行って来るからね。
でも、終わったら、ちゃんと戻ってくるからね。」
「おばあちゃんとババとお姉ちゃん達がいるから大丈夫だよね。」
と特に念を入れて何度も話し、
そのたびに末娘も分かったという様子で「うん」「うん」と頷いて聞いてくれていました。

出発当日、お持ち帰り用の密閉容器を準備していたら
「これ、『きょーと』 に持って行くの?」と四女。
あ、ちゃんと分かってくれているんだ、と嬉しくなりました。

* * * * *

夜行で戻り家に着くと、車のエンジンの音を聞きつけて子ども達が玄関で待ち構えています。
「ただいま~♪」と言うが早いか、「お母さん、おかえり~~~❤❤❤」 と子ども達。
この言葉を聞いただけで、長旅の疲れも一氣にどこかへ飛んでいってしまうのです。


折りしも、今回の美風さんの座学は「ありきたりが教えてくれるもの」がテーマでした。
 
 「おはよう」「おやすみ」
 「行ってきます」「行ってらっしゃい。氣をつけてね」
 「ただいま」「おかえり」
 「ありがとう」
 「ごめんなさい」

そんな短い言葉のやりとりの中には
日々の積み重ねがいっぱい詰まっているのだと
子ども達の「おかえり」を聞いて、改めて感じました。

ありきたりだけど、ありきたりじゃない。
わたしはそんなものにいっぱい囲まれているんだな。
とても嬉しくて幸せだな~と。


さぁ、きょうも心を込めてお料理をつくろう。

家族の

 「いただきます」
 「おいしいね」
 「ごちそうさまでした」

が聞けるよう。
[PR]
by tumughi | 2010-11-22 13:04
鶏五目ごはん
むそう塾・幸せコース6限目で炊き込みご飯を習ってから
すぐにでも作りたかった五目ごはん。
主人の出張もやっとひと段落ついてひさびさに家族一緒のごはんだったので
ゆうべ作りました♪

f0214652_11271318.jpg























にんじんは炊くと痩せてしまうので、
もうすこし太く刻んだほうが良かったかと…(こんにゃくが太く見えてしまう…^^;)

でも、ごはんはちょうどよい具合に炊けました♪
「玄米の炊き込みごはん」であることは知らせてあったのですが、
「 これ、ホントに玄米 ◎◎!? 」 と主人。
とっても嬉しかったです(*^‐^*)♪

子ども達もおかわりがすすみ
いつもなら食べ切るまでに一日(2~3食分)かかる1000cc のお米が
ゆうべは茶碗に軽く1杯分を残すのみと、ほとんど完売状態。
これまた嬉しかったです。

また作ろうっと♪♪♪


*****
五目ごはんを炊いているときの匂いが、これまた、たまりません(≧∀≦)!
三女は 「 『肉かやき』 の匂いがする~♪」 と言っていました。
なるほど~、お肉+ごぼう+しょうゆの香りのハーモニーが確かにそうかも。
きりたんぽ鍋、だまこ鍋、豚かやきなど、秋田の鍋物はこの組み合わせのものが
多いですね。
ごぼうがいい仕事してくれます♪
[PR]
by tumughi | 2010-10-31 11:57
寝坊ごはん
先日の幸せコース6限目では、玄米ごはん炊きの復習もさせていただきました。
火加減などについてもいくつかのポイントを再確認することができ、その中にヒントもあったように思ったので、浸水なしの炊飯をしてみました(下の記事で書いたように、しばらく早起きができていなかったというのが主な理由ですが… ^^;)。

10月21日の玄米ごはん。
f0214652_15474422.jpg

米800 水1000 シラルガン3.0ℓで。

よく膨らんだと思うのですが(今回のお米はどうも縦に伸びる感じがします)炊きあがり直後はちょっと固い炊きあがりのように感じてしまいました。ですが、ジャーで少し落ち着かせたらおいしくいただけました。まるで、浸水しなかった分を補ってくれたかのような感じでした。


10月23日の玄米ごはん。
f0214652_1550029.jpg

米800 水1050 シラルガン3.0ℓで。

炊きあがりすぐでもおいしくいただけるようにと水分量を少し増やしてみました。これくらいがよいかも。


昨日も浸水なしで炊いてみました(画像はナシ)。
試しにもう少し水を増やしたらどうなるだろうと、1100にしてみたのですが、やや柔らかすぎで米の旨み・甘みが薄く感じられました(玄米投稿をしていたときはこの水分量で炊いていたのですが、4.5ℓで炊いていたのを差し引いても、いまではちょっと多すぎるな~と思います)。

主人が殆ど家にいなかったのと、子ども達が朝は白米を食べたがるので800米で炊きましたが、3.0ℓで炊くとよい感じ。2日できちんと食べ切れるのもウレシイ♪

*****

今晩は主人も居るので、久々に4.5ℓで1000米炊きにしました。
肌寒くなった、というのもあるけれど、我が家はやっぱりこちらが好みのようです…♪
[PR]
by tumughi | 2010-10-25 20:33
まつたけ♪ まつたけ♪♪ ま~つたけ♪♪♪
むそう塾 幸せコース 第6限目 復習の巻~!
本日は松茸ごはんとお吸い物を。

松茸はとり市さんから通信販売で…と考えていたのですが、明日から主人が連日あっちこっちへ出歩く予定。
家ではしばらくご飯を食べないということで、作るなら今日しかない。ちょうど秋田市に行く予定があったので、市民市場に行って松茸を探してみることにしました。

市民市場でも松茸を買っていくのはプロの方が多いようです。
山菜ときのこの専門店の店先に陳列されていないので「松茸ありますか?」と訊くと「まいたけ? 露地もの? いいのがあるよ~ 云々…」と勘違いされ、それとは別の、松茸を購入したお店では「おつかいもの? 包むからちょっと待ってね」と言われ…(自宅用ですと言うのもなんとなくはばかられてそのままにしてしまいました ^^;)。

松茸が買えたので、帰りに「今夜は松茸ごはん!」 と主人にメールすると 「ウレシー♪」 との返信。
ごはんを炊くのと、こどもたちのスポ少のお迎えの時間が重なってしまうことを伝えると「いいよ、オレが迎えに行く」とご機嫌で行ってくれました(笑)。


習ってきたことを思い出しながら下ごしらえし、無事、炊き込みご飯とお吸い物を完成させることができました(嬉しかったのは、メモを一度も見ずにはじめから最後まで作れたこと。手順も配合も全て、頭の中に入っていてくれました。五感で学ぶことの意味を再確認しました)。

家族の反応がドキドキでしたが、はじめは生まれて初めての(!)松茸に興味を示さなかった子ども達も2杯、3杯とおかわりをし、主人も「うまいな~。これは毎年の秋の定番にしてくれよ~~~」と。


こうやって、我が家の定番が少しずつ増えていくことが本当に幸せです。

ありがとうございます。



※ タイトルは、四女の最近お気に入りの童謡 『くだもの列車』 の歌詞から。

  ♪ 黄色い落ち葉をたきながら くだもの列車がやってきた

    いもいもくりくりなしなしかきかき ぶどうぶどうりんごりんご

    まつたけまつたけまつたけ
  
    ぽっぽー ぽっぽー ぽっぽっぽっぽっぽっぽっぽっぽ

    ぽっぽっぽっぽっぽー ♪
[PR]
by tumughi | 2010-10-19 22:56
4.5 & 3.0
先週、新しいお鍋(シコマチックTプラスの3.0ℓ)が届き、早速炊飯してみました。
f0214652_1358521.jpg

米1000 水1200 浸水1時間

4.5で炊くのよりもかなり薄焦げ。
違う鍋で炊いたことは伏せて主人に感想を聞いたところ
「前回(4.5ℓで炊いたもの)の方が美味しかった」とあっさり言われました。

理由を訊くと
「前回のほうが甘みが引き出されていたし、お米も開ききっていない感じがする」

ふむふむ。

では、と思い、また4.5に戻して炊飯。
f0214652_1424297.jpg

鍋が違うだけで、そのほかのデータは同じです。
いつもの、おなじみの、狐焦げが出現。
光源の違いで見た目がちょっと寒くなっちゃいました(電気の下で撮るのが相変わらずニガテ。ごめんなさい)。

お鍋の違いは今回も伏せて「きょうのごはんは?」と主人に訊くと
「これ、これ!」と満足気に答えてくれました。

そうか。それでは3.0で美味しいといってもらえるご飯を炊こう。
…で、今朝炊いたのがこれ。
f0214652_1452439.jpg

これもちょっと寒い写真でごめんなさい。炊飯のデータは同じです。

4.5よりも焦げは控えめですが、はじめのときよりもしっかりめの薄焦げもできました。

主人にまた鍋の違いは伏せて感想を訊くと
「うん。これはいいよ」とのこと。

今回の炊飯で氣をつけた点は、火加減。
はじめに3.0で炊いたときには、水面から蓋までの空間が4.5よりぐっと少なくなったので「吹きこぼれやすいのかも」と思い、無意識のうちにおっかなびっくり炊いていたのかなと反省しました。
オーバーフローも控えめすぎたようでした。
今朝は主人の「米が開ききっていない感じ」というコメントをヒントに「大胆に繊細に」を肝に銘じて炊飯しました。

*****

さてさて、いよいよ3日後はむそう塾・幸せコース第6限目です。
炊き込みごはんであらためて炊飯の陰陽を学べる(おさらいできる)模様。
今回もとても楽しみにしています。
[PR]
by tumughi | 2010-10-12 14:23



こころの糸をきちんと引き出して、      紡いでいこう。
by tumughi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
1/2成人
at 2012-03-07 14:52
ひとまわり
at 2012-02-09 20:00
立春
at 2012-02-04 21:34
懐かしい声
at 2011-10-22 15:20
16周年
at 2011-09-22 15:02
お気に入りブログ
Favorite Days
Animal Skin ...
azukki的.
松浦珈琲 matsuur...
...
ちょっと陽性ですが・・♪
こ ぞ う 史
ふうわり、やわらか
麗可のえがお
MAI LIFE
マクロビオティック料理教...
外部リンク
タグ
(67)
(38)
(27)
(21)
(15)
(14)
(10)
(5)
(5)
(3)
(2)
(2)
以前の記事
2012年 03月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
more...
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧